解約実績 5000件 を超す、行政書士によるクーリングオフ手続代行です。
TOPに戻る クーリングオフ 注意点 手続代行 依頼の流れ
悪質商法 悪徳商法 事例 運営事務所
依頼相談は 全国対応   電話 24時間 365日
デート商法 飲食店で契約した場合 クーリングオフ
アポイントメントセールス ホワイトゴールド ジュエリー 宝石商法
ネックレス オリジナルリング ダイヤモンドルース ペンダント 婚約指輪
デート商法 ジュエリー商法
突然の電話
最近は、電話勧誘の他に、SNS、婚活サイト、出会い系で
知り合った相手から勧誘を受ける事例が増えています。
突然、知らない女性から電話があった。
初めは雑談をしていたが、雑談が続くうちに、

「アクセサリーの仕事をしているので、商品を見て、意見を聞かせて欲しい。」

「自分がどんな仕事をしているか知ってもらいたいし、デザインには自分も関わっているので、どんなブランドなのか知ってほしい。」

「それに、一度会ってみたいしね。別に買わなくても大丈夫だから、出てこれない?」

「マーケティングの意味でも、意見を聞かせて欲しいし、アンケートに答えて欲しい。今後のデザインに活かすためにも、ジュエリーやネックレスの現物を見ながら、意見を聞かせて欲しい。」

などと誘われ、電話のやり取りは数時間にも及んだ。

自分としても、若い女性から誘われて悪い気はしなかったので、
一度会って話をすることにした。
↓待ち合わせの駅で待っていると、
待ち合わせ場所にスーツを着た男性が現れた。

「担当の女の子は、今日は用事があって来れなくなった。」
「私が代わりに説明するので、どこか近くのファミレスに行こう。」

「彼女も君に会いたがっていたが、どうしても外せない仕事が入ったので、残念そうにしていたよ。君に謝って欲しいと頼まれた。」

などと言いながら、近くのファミレスに案内された。
ファミレスに入り、席に着くと、男性から、「説明には少し時間がかかると思うけど、話しを最後まで聞いて欲しい。」と約束をさせられた。
男性は鞄から30点ほど商品サンプルを取り出し、並べ始めた。

「これらの中でどれが一番好きか。買うとしたらどれがいいか。」と聞いてきたので、質問に従ってひとつを選んだところ、

「この指輪はホワイトゴールドで、希少価値のある貴金属で・・」と、商品について詳しい説明を始めた。

しばらくすると、「この商品は通常は100万円ほどで販売している」などと、値段の説明が始まった。

ただの説明だと思い、なんとなく聞いていたが、男性は、「それで、君は月々いくらぐらいなら払えるか。」と聞いてきた。
急に勧誘が始まったため、驚いて断ろうとした。
「今日は商品を見て意見を聞かせて欲しい、という約束で来ている。」
「買うつもりはないし、そんなに高額な品物を買うお金は持っていない。」
と言うと
男性の態度が急に変わった
「買う気があるから会ってくれたんでしょ」
「外商販売なんだから。」
「外商を呼びつけて、説明を聞いて商品を選んだんだから、買わないと駄目」
「契約しないのなら、なぜこんなところまで呼び出した?」
「冷やかしか?それとも女の子目当てか?」
「ここまで、時間と費用をかけて来ている」
「大阪から、わざわざ説明をする為だけに来たんじゃないよ」
「ここで契約しなかったら、お前の行為は営業妨害だよ。レストランに入って品物を注文せんかったら営業妨害になるやろ。それと同じ」
「営業妨害する人は、お客じゃあなくなるので、その場合は別の話をさせてもらう。うちは交渉させて頂くかたちになっている。交渉を止めることはできない」
それでも、断ると、
「月々払える値段を考えて買えばいい。月にいくら位なら払えるのか」
「上司と値段を交渉してみる。OKが取れたら契約ね。」
といいだした。
男性が携帯電話で上司と連絡を取りはじめた。しばらくすると、「上司から、特別に50万円でいいという許可が出た」「よかったな。これで契約できるな。」と言われてしまった。
これでますます断ることができなくなり、結局、怖くなり契約してしまった。
クレジット申込書を書かされる際、収入がないとクレジットが通らないので、バイト先を勤務先として書くように指示された。
さらに、「今回の契約は家族に言わない方が良い。」「家族に迷惑をかけたり、心配をかけたくないよな。」と口止めもされてしまった。
家族に心配をかけないよう、商品の配達場所も、自宅ではなく、郵便局留めとするよう指示された。
クーリングオフについての説明は、
「これどういうのか知ってるよね。でも契約するんだから、そんなことしないよね。」と念を押され、「第三者が介入するか、現金で一括払いになるか、裁判になるかもね。」とも言われた。
契約を終えてレストランを出たのは、深夜1時過ぎだった。

「営業妨害する人はどうなっても知らんよ。俺は危ない関係の人間も知っているから。」と男性から言われたことがどうにも気になって、恐くてクーリングオフできなかった。
宝石商法・ジュエリー商法  女性を狙った「モデル」商法
事例 1
ある日突然、若い男性から電話があった。
「ファッションに興味がありますか?若い人に人気のブランド服です」
「モデルをして頂く服は、4〜5万円程するものですが、モデルをしていただければ差し上げます。」「10回くらいモデルをして頂いたら、それだけで50万円分の服がもらえる、ということです。」「話しだけでも聞いてもらえませんか。」
と、熱心に誘われた。なんとなく興味もあったし、「話しを聞くだけなら、まあいいか」と思い、会う約束をした。
約束の場所で待っていると、鞄を持った男性が現れ、名刺を渡してくれた。
案内されるまま、近くの喫茶店に入って、話しをすることになった。
男性が鞄からファッション服のカタログを取り出して、見せてくれた。

「こんな服のモデルをやって頂きます。」「撮影の際に着た服は、モデル料の代わりとして、そのままプレゼントさせていただきます。」

「実はうちはアクセサリーも扱っているんですよ。」と言いながら、アクセサリーが載ったパンフレットを見せてくれた。

そして男性から、

「もし買うとしたらどんな物が良いですか。指輪、ネックレス、ブレスレット?」「良いアクセサリーには資産価値がありますから、持っていれば、ちょっとした財産になりますよね?」

「例えば、この服を着てモデルをしてもらえれば、1着4〜5万円する服がもらえるわけですから、10回、モデルのアルバイトをすれば、50万円近くする服が手に入る計算になりますよ。」

「50万円分の服と、資産としての指輪が残るわけです」

「ですから、50万円の指輪を買ったとしても、元が取れるわけです。」「モデルと言っても、この服を着て撮影をするだけですから。実質的には、タダで指輪をもらうようなものです。」

「うちとしても、プロのモデルさんを雇うよりも、人件費を安く済ませることができるので、大助かりです。」

「この方法が使えるのは、若くてかわいい女の子だけです。」

などと説明された。
とても魅力的な話しに思えたので、勧められるまま、契約することにした。
男性が鞄から契約書を出してきてたので、指示されたとおりに書いた。

契約書に記入したあと、男性から、「この方法が広く知られると、「私もやりたい!」という人からの問合せが殺到してしまいます。この話しは絶対に内緒にして下さいね。」などと口止めされた。
しかし、その後、モデルの話は一切なく、男性とも連絡が取れなくなってしまった。連絡を待っているうちにクーリングオフ期間も過ぎてしまい、服ももらえないままとなった。

結局、高額なクレジットだけが残ってしまった。
事例2
ある日突然、電話があった。
「アクセサリーの新作を売り出したので、若い人に新商品を見てもらって、感想を聞かせて欲しい」「マーケティングの一環で、市場調査も兼ねている。」
「マーケティングが目的だから、商品を買わせるような事は一切ない。ほんとに若い人の意見を聞かせてもらうだけ」とのことで、承諾した。
待ち合わせの駅に着くと、男性が声をかけてきた。案内されるまま、近くのファミリーレストランに行った。
男性は、「自分は有名な芸能事務所の仕事を手がけているスタイリストで、その関係で、雑誌の読者モデルの仕事も手がけている」と、説明を始めた。
読者モデルの女性の私生活の写真や、雑誌やモデルの写真を見せながら、「モデルをやってくれれば、1年に4回撮影会があり、撮影会で着た服のうち気に入った2つを毎回もらえる」

「服は1点7、8万円くらいするもの」

「ただ、モデルをやってもらうためには、身元保証金の意味で、少しだけお金を負担してもらう必要がある。」「美味しいバイトだけど、高価な服を汚したり、撮影現場でトラブルが起こることもあるから、保証金が必要になるのはわかるよね?」

「でも、撮影が無事に終われば、高価な服がもらえるわけだから、服代を含めて考えると、後々得だよ。みんなこのバイトをしたがるから、今回はチャンスだね。モデルの契約するための保証金として、毎月いくらくらいなら払っていけるかな?」

と聞かれた。

「1万円とちょっとなら払えると思う」と答えると、男性はクレジット申込書を取り出し、「ここの部分はややこしいから読まなくていいよ。この先のところに書いて。」といい、契約書を読ませずサインをさせた。

「クレジットをとおすには、収入がないといけないから」と言いながら、勤務先欄にアルバイト先を記載するよう指示された。

あとは、「ハンコが無いから、とりあえず拇印を押すといい。拇印だけなら正式な契約にならないから」と、拇印を押すよう指示された。

「最後に、今回の契約をした証明のために、ひと月くらいしたら、アクセサリーが届くけど、それはそのまま手元に置いてもらえればいい。」と言われた。

商品の売買の話しは一切されなかった。
その後、やはり支払っていけないと思い、契約を止めたいと男性に電話をしたが、「もうクーリングオフ期間は過ぎています。」「クレジット契約も成立しているし、商品を既に頼んであるから、もう取り消すことはできないですね。」と断られてしまった。
デート商法の特徴と問題点
デート商法など、アポイントメントセールスのターゲットは、20台前半の若者です。中でも、一番被害の多いのは、20歳になったばかりの男女です。
様々な名簿・情報などから、20歳になったばかりの若者をターゲットとして電話をかけ、恋愛感情を抱かせるような方法で呼び出し、契約をさせようとします。
これは、20歳に達する前は、契約をするのには親権者の同意を要し、同意の無い契約は、未成年者取消により、クーリングオフ期間後でも取消される可能性があるからです。
そこで、わざわざ誕生日を待って勧誘に及ぶケースも珍しくありません。中には、日付が誕生日に変わった深夜(24時)に呼び出す場合もあります。
さらに、契約したことを、親・友人に話す事を口止めし、心理的・心情的方法により、クーリングオフを妨害してくることもしばしばです。
その上、一度契約すると、その後、何度も勧誘してきます。(次々販売)
過去に、7回契約をさせられた、という相談もあります。
ことろで、このような販売方法で販売している商品は、通常、契約価格の約10分の1程度である事が多く、
クーリングオフ期間が過ぎてしまい、クレジット代金の支払いも困難なことから、買取業者に持ち込んだところ、買取価格が5千円とか1万円にしかならなかった、という相談がよく寄せられています。
クーリングオフを申し出たところ
クーリングオフを申し出たところ、前記事例のように、
「自分を信用していないのか?」
「既に作り始めたので、クーリングオフはできない。」
「特別割引きなので、クーリングオフはできない。」
「今クーリングオフされると、会社で自分の立場が悪くなる。」
などと、クーリングオフを妨げられたという相談も、よくあります。
トラブルに発展する前に、専門家に依頼することをお奨めします。
アポイントメントセールス
デート商法やジュエリー商法などのアポイントメントセールスは、法定書面(契約書等)を受け取った日から数えて8日間以内であれば、書面により申込みの撤回や契約の解除(クーリング・オフ)をすることができます。
↓ただし
クーリングオフの行使方法は、口頭ではなく、「書面」によります。
  クーリングオフは書面で 方法・注意点はここから
↓もっとも、
前記事例のように、クーリングオフを妨害してくることがしばしばです。 しかし、クーリングオフ妨害行為があったとしても、その妨害行為があった事の立証責任は消費者側に課されています。
再勧誘や二次勧誘を予防する意味でも、最初の対応が肝心となります。トラブルに発展する前に、専門家にクーリングオフ手続代行を依頼することをお奨めします。
 クーリングオフの仕方
ク-リングオフは法文上、「書面により」 とされています。クーリングオフの効力も、「書面を発した時にその効力を生ずる」 とされています。受取った契約書等にも 「書面により」 と記載されているはずです。

電話など口頭では、この要件を満たさないばかりか、その証拠も残りません。

後になってトラブルになる可能性があります。はがきでは、確実な証拠が残りません。

  詳しくは、クーリングオフの注意点へ。

高額な契約・高額な商品の場合には、通知の方法としては、記載内容の証拠が残る 「内容証明郵便」 が確実です。

しかし、悪質な業者は、クーリングオフを妨害してくることがあります。

  クーリングオフ妨害とは

この点、専門の法律家が関与している場合、もはや、ウソや脅かしは通用しません。
業者側が一番重視する点は、法律家が関与しているか否か、です。

トラブルになって手遅れになる前に、専門家の手続きを利用されることをお奨めします。
 確実なクーリングオフ手続き代行サービス
当事務所は、悪質・悪徳商法を扱って既に17年目になります。
これまでのクーリングオフ・解約代行実績は、5,000件を越えます。

当事務所は、他府県の行政書士からの紹介者が非常に多いのが特徴です。

また、経済産業省からの協力依頼の要請もある、実績のある事務所です。

  当事務所のご案内はここから
クーリンクオフは、権利を行使したことの「確実な証拠」を残す手続です。
・電話・口頭は、「書面」ではありません。
・ハガキでは、確実な「証拠」は残りません。

・確実な証拠を残す方法は 内容証明郵便 です。

  クーリングオフの方法・注意点

・ご自身ではがきを送った後でも、クーリングオフ期間内なら、まだ間に合います
解約実績 5000件 の専門法律家が、「内容証明郵便」により手続を代行
・当事務所は経済産業省からの協力要請もある実績のある事務所です。

・多数の実務経験に基づく、適格かつ細やかな対応が異なります。
法律家が関与することにより、クーリングオフ妨害を抑制します
  クーリングオフ妨害事例

単に、書面の送りっぱなしの代行ではありません。何度でもご相談下さい。
依頼方法は簡単 → 日本全国どこからでも電話・メールで申込み
  依頼の流れ

契約書類をファックス・メールで送るだけ。(FAXはコンビニから送れます)
クーリングオフの書面は、原則 : 「即日発信」 です。
休日、深夜、残り数時間でも送れます。

・クーリングオフ期限最終日でも、確実にクーリングオフできます。
・クーリングオフ期限最終日でも、追加料金は、一切ありません。

・「今日これから業者が来る」などの緊急の場合には、FAXにも対応します。
女性も安心して依頼できる女性法律家が対応
・補正下着やエステ・痩身・ダイエットなど、
 男性には相談しにくい契約内容でも安心です。
家族には秘密・知られたくないという方でも安心です。
内緒にしたい場合は、その旨お知らせ下さい。
アフターフォローも万全、24時間電話がつながる安心の事務所です
・その後の業者への対応、
 商品の返品方法・返送費用などを詳しくアドバイスします。
事後相談に、追加料金も、回数制限もありません
・ご心配なことがありましたら、何時でも・何度でも対応します。
クーリングオフ依頼費用は完全後払い制です
  依頼の流れ・費用

費用のお振込後も、ご不明なことなどありましたら、いつでも対応致します。
 クーリングオフ手続代行は、日本全国対応 の クーリングオフ専門事務所 で
行政書士は、法律上の書面作成代理権がありますが、行政書士の全てがクーリングオフ・悪徳商法関係の業務を扱っているわけではありません。

遠くても「実務経験の豊富な」専門家ということです。

当事務所は、悪徳商法を扱って既に17年以上、これまでの取扱件数は、5000件を越えます。法律と実務は異なる点が多々あります。実務経験の浅い場合、思わぬトラブルを招く可能性があります。

事実、当事務所は、他府県の行政書士からの紹介者が非常に多いのが特徴です。
また、特定商取引法の主管官庁たる経済産業省からの協力依頼の要請もあります。

面談しないと不安な方は、お電話を頂ければそのような不安は払拭されると思います。
また、代行の依頼の流れをご確認頂ければ、安心して依頼できると思われます。
解約実績 5000件 を超す、行政書士によるクーリングオフ手続代行です
依頼相談は 全国対応   電話 24時間 365日
■ 依頼に関する相談に、費用はかかりません。
■ 365日 24時間 深夜も対応 ■ 土日 祝祭日 も受付
高額な契約・悪質商法の場合には、内容証明郵便 をおすすめします。
悪質商法 悪徳商法 事例 手続代行 依頼の流れ
クーリングオフ質問 クーリングオフ妨害・注意点
クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ書面・書き方
TOPに戻る 運営事務所