悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る
クーリングオフ代行手続専門法務事務所【全国対応】
ホームエステ(美容器・美顔器・化粧品)
訪問販売のクーリングオフ


■ ホームエステ訪問販売 よくある勧誘事例

■ ホームエステ訪問販売のクーリングオフ

■ 特定商取引に関する法律「訪問販売」


 キャッチセールスのホームエステの事例はここから

■ ホームエステ訪問販売 よくある勧誘事例

最初から、突然、「体験エステ2ヶ所・・円」の電話がかかってきたり、

今キャンペーンのハガキを送らせてもらっている」とのことで、
後日届いたハガキの内容は、ウエストが細くなる。顔のたるみがこんなに無くなる
という、施術前と施術後の写真と、体験談と体験者の写真があり、
今回、2ヶ所500円で受けられるという券がついたものだった。

その後、再度電話があり、「もうぜんぜん他のエステさんとは違いますよ。」
この間も、子供の時から太っていて、誰にも秘密で何度もエステに通い、
何百万円つぎ込んだのに痩せなくて諦めていた方が、
この値段ならと体験されたらすぐ効果が現れて、
びっくりしてお母様と一緒に泣いて喜ばれて帰ったんです。
13号の人が、9号になって、もちろんリバウンドもしないですよ。
どのエステよりお安いし、医療用の超音波を美容用にしたもので安心です
絶対、目に見えて結果がわかりますので、500円で気楽に体験してみてください。
今キャンペーンで、この地区は明日だけです。
それも午前中四人の方しかできないし、先ほども近くの方が申込まれて、
伺う事になっているんですよ。」等と、一時間も説得され、

エステの体験であるとばかり思い、断りきれず来訪を承諾をすると、
当日朝、販売店から電話があり、「お時間は1時間半から2時間くらいになります。」

当日午前9時半頃、自宅に担当者が現れ携帯電話で会社に連絡を取った後、
雑誌の広告やファイル見せながら、
「リンパの流れをよくして、深皮の奧まで美容液を届け、シミが消えたり、
たるみが目に見えて解消し、またセルライトを小さく分解し、続けるうちに
11号が9号に、9号が7号に必ずなります。」等と、2時間以上説明を受け、
施術が始まると、「しみ、多いですね。放っておくと隣のしみと手をつないで、
大変なことになりますよ。」「今化粧品を、月にいくら使っているの?」と聞かれ、
お金かけられないので6ヶ月に10000円位だと答えると、
「これ原価45万するんです。医療用に開発したしっかりしたものだから。」
「奥さんに綺麗でいて欲しいからって、ご主人が買ってくれることもあります。
化粧品を一生使っていけば、トータルで何十万とかかるけれど、
効果を考えるなら月々1万円だし、5年で一生使えるし絶対お得ですよ。
エステ1回分より安いし、自宅で毎日できる。本当にこれはお奨めです。」

「私たちもじゃんじゃん使っているし。」と、購入を強く勧められ、

「うちは、毎月赤字でどうしようかと思っているくらいだから、無理。」と言うと、
今度は料金表を見せながら説得され、それでも「うちは無理、無理!」と断ると、
更に安いプランを勧められ、それでも断ると
また更に安いプラン勧められ、「これならできるでしょ」と購入を迫られ、

何度も首を横に振って断ったにもかかわらず、
その後も延々と同じ話を繰り返され、約束の時間が過ぎたころ、
会社から販売員の携帯電話に電話があり、「まだです。・・・・判りました。」との
やり取りがあり、契約をしないと何をされるかわからない恐怖感に襲われながらも、
「月々1万円でも、他のローンはあるし、子供の教育費があるし無理
それにお金は私の自由にならないから主人に相談しないと。」と言って
再三断ったにもかかわらず、

ご主人に相談したら、反対される。」
当日契約した人でないと、アフターが受けられない。使い方の説明も付かない。」
「購入した人のアフターケアーとして、使い方の指導をしている。その時は、お店の
美容液がタダで使いたい放題だから、お店に来てどんどんやるほうがお得ですよ。」

お店にはこういうマシーンがあって、格安で全身美容を受けられるんですよ。」
1万円位自分にかけることはできると思うよ。ずうっとじゃないんだし。」などと、
一向に退去しようとせず、既に時間も15時を回り訪問してから5時間半

これ以上断り続けると、何をされるかわからないと恐怖を感じ契約をしてしまった。


その後、担当者に電話をして、クーリングオフを申し出たところ、再度押しかけられ、、
・「今、始めなければ間に合わない。絶対に後悔する。」
・「クーリングオフされると、機械を自分が買い取らなければならなくなる。」
・「クーリングオフした人など過去にない。会社の信用時関わる。」
・「キャンペーン価格だから、クーリングオフはできません。」

などと、再度説得させられた。



             このような相談が非常に多く入っています。

@電話でのアポ取り→たった500円の体験エステ
             →他のエステよりも安い・効果がある
             →この地区は明日までのみ
 

A訪問での勧誘  →医療用に開発したもので安心・絶対に効果が出る
            →エステに通うよりも安い・自宅で毎日できる
            →一生分の化粧品代よりも、お得
            →月々1万円または、数千円だけ
            →キャンペーンは今日まで・その得点
            →ご主人には言わないように



■ ホームエステ訪問販売のクーリングオフ


これらは、体験エステを申し込んだ結果、訪問してきますが、
 消費者側から高額な商品をを購入する意思で、販売員の「来訪を要請」したもの
 ではなく、
クーリングオフ制度の適用除外とはなりません。
 従って、本件契約は、「営業所等以外の場所」における契約ですから、
 「訪問販売」として、クーリングオフ制度の適用対象となります。

そして、訪問販売は、法定書面(法的記載事項を記載した書面。契約書など)を、
 受け取った日から、受け取った日を入れて、8日間以内に、
 「書面により」クーリング・オフを行使することができます。
 クーリンオフを行使できる期間は
 法定書面を受け取った日が、既に1日目です、翌日からではありません。

ただ、クーリングオフの行使方法は、口頭ではなく、「書面」によります。
*尚、消費者センター・消費生活センターでは、クーリングオフの書面は、「ハガキ」を出すように
アドヴァイスしますが、後日のトラブル防止のため、内容証明郵便で行うことが最適です


           クーリングオフの注意点、はここから

また、上記のように、販売担当者は、クーリングオフを阻止するのに躍起です。
 再勧誘やクーリングオフ妨害をしてくることがあります。
 さらに、クーリングオフをしなかった場合、その後、メンテナンスなどと称して
 何度も勧誘に来るケースが目立ちます(次々販売)
 よって、最初の対応が肝心です。

確実に、トラブル無くクーリングオフしたい場合には、
当事務所のクーリングオフ代行手続きがお奨めです。
消費者センターに相談しても、ハガキを出すように言うだけです。
しかし、その結果は、自己責任となります。トラブルになって後悔する前に
専門家の手続きを利用されることが、懸命といえます。数十万円の高額な契約です。

            クーリングオフ代行依頼の詳しい流れはここから



悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る


Copyright (C) 2001 クーリングオフ代行手続専門法務事務所 All Rights Reserved
【無断転載・無断複写を禁じます。尚、リンクはフリーです。】




・メール相談はここから
・クーリングオフ注意点
・代行依頼の方法・流れ
・事務所のご案内
・クーリングオフ制度