クーリングオフ代行手続専門法務事務所【全国対応】
無料ダイエットモニター商法
健康食品・サプリメント・ダイエット食品・美容機械器具
「電話勧誘販売」のクーリングオフ


■ 無料ダイエットモニターの勧誘事例
■ 電話勧誘販売のクーリングオフ
■ 特定商取引に関する法律「電話勧誘販売」


クーリングオフの仕方・方法・注意点・クーリングオフ妨害
ダイエット食品のクーリグオフ手続き代行はここから

サプリメント(キャッチセールス)の事例はここから
美容器具(ホームエステ)訪問販売の場合はここから

■無料ダイエットモニターの勧誘事例


携帯電話にダイエット食品モニター募集のメールが届き、申し込んだ。
または、ネットで、ダイエットサプリメントモニターに登録した。

その後、「無料モニターには外れたけど追加で○名の中に選ばれました!」という
電話があり、後日、カウンセリングを受けると、

「今までのダイエット方法はどうだったか。」と聞かれ、
今まで試したことのあるダイエット方法を答えると、
 
「それはダメ。うちの会社の商品なら、半年後には確実に痩せる。」
「やせるための根本は、まず、体質改善をしなくてはならない。
うちの商品は成分が体にとっても良くて、今までおかしくなってた体内環境が
これから半年間ちゃんと薬を飲めば正常に戻ってくる。
何しろ体にはすごくいい事だから。絶対に痩せる。」等と、
薬品の専門用語を羅列し、数時間に渡り説得をされ、

「主人(親)に聞かないと分からない。」と断ると、
「ご主人(家族)には、モニターだからお金はかからないと言いなさい。」 
大丈夫絶対に痩せる体になるから。」と

「モニターで、他の方は次々に成功しています。」
体質改善さえすれば、簡単に10キロくらい痩せられます。」
「ケチって悪いダイエットをするより、うちの商品で最後にしたほうがいいでしょ?」
栄養士のカウンセリングも付いているので、途中でくじける事もない。」 

などと、考える暇もなく弾丸のように勧誘され、申込みをするまで
電話を切らせようとしません。

その際、「クーリングオフができるけど、そんな中途半端な気持ちじゃあないね。」
と クーリングオフを行使しないように念を押された

 商品代金 50万円前後が一般的 
 クレジットの分割払手数料を含めると、70万円近くになる場合もあります。

数日後、山のような食品(サプリメント)が送られてきて、
アドバイス通り真剣に取り組んだにもかかわらず、効果は全くなかった。



■ダイエット食品・サプリメント【電話勧誘販売】のクーリングオフ


ダイエットモニター商法の場合、予め、申込書・契約書が届くのではなく、
商品と書類が同時にいきなり送られてくるのが通常です。

そして、商品が届いたら、まず電話をして、カウンセリングを受けるように指図され、
電話をかけると、「届いた商品を確認するため」「使用する順番を説明する」
などと称して、商品を開封するように促す、悪質なケースがあります。

*これは、サプリメントは「指定消耗品」とされ、クーリングオフ期間内といえども、
 開封・使用した場合、その部分については、クーリングオフできなくなるからです。



ところで、



「電話勧誘販売」のクーリングオフ期間は、法定書面(法定記載事項を記載した書面)を
受領した日から、8日間です。

この点、ダイエットモニター商法の場合、商品と契約書(申込書)は同時に届くのが通常です
から、商品到達日からその日を含めて8日間がクーリングオフ期間となります。

*その翌日からではありません。 
*また、代金を既に払ったか、払ってないかも関係ありません。

*ハンコを押して書類を送り返したかも関係ありません。
 契約は、「諾成契約」と言い、原則的には、口頭だけでも契約は成立します。


↓ただ、


クーリングオフの行使方法は、口頭ではなく、「書面」によります。

      *尚、消費者センター・消費生活センターでは、クーリングオフの書面は、「ハガキ」を出すように
       アドヴァイスしますが、後日のトラブル防止のため、内容証明郵便で行うことが最適です


クーリングオフの仕方・方法・注意点・クーリングオフ妨害
サプリメント・ダイエット食品のクーリグオフ手続き代行はここから


↓もっとも、


販売業者は、クーリングオフをさせいないように躍起です。
上記のように、クーリングオフをしないように、予め、念を押したり、
 一刻も早く、商品を開封・使用するように誘導したり、
更に、クーリングオフ妨害をしてくる場合もあります。

クーリングオフ妨害行為があった場合、クーリングオフ期間の延長制度がありますが、
クーリングオフ妨害行為があったことの事実については、消費者側に立証責任があります。
後日、その事実を証明することは困難です。

しかも、電話勧誘販売の場合、法律上の中途解約制度はありません
クーリングオフ期間が過ぎてしまえば、あとは販売店が解約に応じない限り、
実務上、クレジットは会社はクレジット契約を解約してくれません。
販売店が解約に応じない限り、クレジット代金を払わなければ、
最終的には訴訟となります。即ち、クーリングオフ期間経過後は、
よほどの事情がない限り、解約は非常に困難
となります。


↓よって、


手遅れになる前に専門家に依頼する事をお奨めします。

    クーリングオフ妨害・注意点は、下記ページをご参照下さい。

クーリングオフの仕方・方法・注意点・クーリングオフ妨害
健康食品のクーリグオフ手続き代行はここから


悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る


Copyright (C) 2001 クーリングオフ代行手続専門法務事務所 All Rights Reserved
【無断転載・無断複写を禁じます。尚、リンクはフリーです。】




・メール相談はここから
・クーリングオフ注意点
・代行依頼の方法・流れ
・事務所のご案内
・クーリングオフ制度


























































































悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る