クーリングオフ代行手続専門法務事務所【全国対応】
求人広告・求人誌で在宅スタッフを募る悪徳内職商法・在宅ワーク
「業務提供誘引販売取引」のクーリングオフ


■ よくある勧誘事例(求人広告・チラシで募集する手口)
■ 求人広告チラシ系の内職商法・在宅ワークの特徴
■ 内職商法・在宅ワーク「業務提供誘引販売取引」の法的規制
 クーリングオフの仕方・方法・注意点・クーリングオフ妨害
 内職商法・在宅ワークのクーリグオフ手続き代行はここから

■ よくある勧誘事例(求人広告で募集する手口)


新聞の求人広告や、求人誌に求人広告に以下のよう広告を見かけ、
資料請求、又は電話で問い合わせたところ、

---------------------------------------------------------------------
【在宅パートさん大募集!】 誰にでも出来るお手伝いさん並の気軽な仕事です。
【業種】書き写し、ひも通し、粘土色付け、手作り製品の製作補助や書き物など、
     そのほか様々な種類から出来る分だけ選んでください。
【収入】1日/2000円〜6000円位(出来高の平均支給額)
     1月/100000円〜160000円位(月収制の平均支給額)

【条件】20歳以上。真面目にコツコツ頑張れる方なら能力・経験一切関係なし!
    1日1時間以上とれれば大丈夫。遠方の方もOKです!
---------------------------------------------------------------------
【在宅勤め スタッフ募集】 すぐできる簡単なお仕事です。
【業種】小箱折り・はし袋折り・・・など身近な品物のお手伝い制作です。
    地域ごとに何十種類とありますので弊社スタッフに希望のものをお申しつけ下さい。
【給与】出来高で月収2万〜5万位、固定給で月収18万円
【時間】月に合計20時間以上あればこなせます。
     空き時間に自由にやっていただければけっこうです。


↓折り返し、採用担当者から電話があり、



折り返し電話があり、(資料を送るので、見てから再度電話をするように言われることもある)

「今回は○○に募集をかけるつもりは無かったが、現在、○人仕事を休んでおり、
 それだったら、ということで募集をかけようということになったのです。」
「今回、90人募集が来て20人までに絞った中に、○○さんは入っています。」

「自分に合った仕事を選べ、給料は出来高制。」
「1日5時間位で、月8万から10万は稼げる。」
「1日2・3時間なら、月2〜3万円は、大丈夫。」
「頑張れば、5〜7万位は稼げる。昔の内職とは違う。」

などの説明の後、雑談ややる気などと聞かれ、

「では、○○さんを採用したいと思います。」
「追って、事務の者から電話がありますので、手続きを進めてください。」と言われ、

「お金が必要になるという事はないか。」と確認したところ、
「うちは、そのようなことはない。」とのことだった。



↓追って、事務の人から電話があり、


「採用担当から、○○さんを採用すると聞いたんですが、宜しいですか?」

「正式に仕事を始める前に、仕事チェック(練習工程)があり、
自分にこの仕事が合うかどうかのお試しがある。」
「これを始めるに当たって、34.8千円が必要です。」
「プレー業務に入る前の教材・道具・サポート代と、宅急便代をまかなうためです。」と言われ、

「資料の中にお金が必要なことは書かれていないが?何故必要なのか。」と尋ねたところ、

「昔はそのようなシステムではなかったけど、 お仕事チェック期間に嫌になって
 投げ出す人が多くなってきたのでこのようなシステムになった。」

「ただ、業務練習が終わり、正式に内職が始まったとき(委託認定書を取ったとき)に
後から戻ってきます。企業から、級によって最高30万円、支援金として払い戻されます。」

「今日中に、34.8千円を振り込んでほしい。」
「お仕事チェックを始めるには、代金を振込まなければならない。振込みと同時に
荷物を送り出すが、他の採用者も含め、一斉にお仕事チェックの道具などと送りたいから。」
「その後、業務練習があり、正式に業務開始になる。」と言われ、

「主人に相談してから決めたい。」と、申し出たところ、
「○○地区は、払込期日の締め切りが、今日まで。今日のうちに払い込んで欲しい。」
「来週になると、採用担当者が、あなたの枠を別の人にしてしまうかもしれない。」
などと急かされ、

「すぐにお金が用意できない」というと、
カードローンや、消費者金融で借入れをするように指図されたりすることもあります。

そして、指定振込先の口座名義は、業者名と異なることが通常です。
*これは、業者に対してお金を払ったことの証拠を残さないようにして、
 内職商法(業務提供誘引販売取引)の要件となる、特定負担(お金)がないとして、
 内職商法の法的規制(クーリングオフ期間20日など)を免れるようとするものです。

 後日届く申込書には、法定記載事項である
クーリングオフの記載はどこにもありません。
 または、20日間ではなく、それよりも長い期間が記載されていることもあります。


指定口座へ、お金を振り込むと
カスタマーセンター(業者住所と異なる住所)からから練習用商品が届き

業者から、申込書が届くと、申込日を、電話の申込日と記載するよう指図された。


このように、

はじめは一切、費用がかかることには触れず、
■あたかも一定の収入が確実に得られるかのごとく説明し、
誰にでもできる簡単な仕事であることを強調。
お金は、払戻金やその報酬から簡単に払っていけるなどと安心させ、
■しかも、人数限定なので、今すぐワクを抑える必要があるなどと、振込みを急がせるわけです。



↓その後、


・不信に思い、主人・知り合いから、「おかしい」と言われ、やっぱり止めたいと思ったが、
 受け取った書類のどこにも、クーリングオフのことが書かれていなかった。

・そこで、ネットで調べ、あちこちの法律関係の事務所に電話で相談したところ、
 クーリングオフ手続きの代行を断られた。


このような相談が、当事務所に非常に多く寄せられています。

■ 求人広告チラシ系の内職商法・在宅ワークの特徴

↓ところで、



内職商法とは、
業務提供利益(報酬)が得られると誘引し、
・その者と、特定負担(お金)を伴う取引(商品の販売・サービス提供)を行うもので、
 クーリングオフ(20日間)や、その他法的規制が課せられています。

しかし、これを逆にみれば、特定負担(お金)を伴なわない場合、
クーリングオフやその他法的規制を受けないことになります。

そこで、本件のように、お金を振り込ませる口座を、別の名義にしたり、
業務提供会社を別会社にすることによって、かかる法的規制を免れようとするものです。

よって、お金の負担があるにも関わらず、法的記載事項であるクーリングオフの記載が
ないということは、希に見る、非常に悪質な業者ということになります。

特に、求人広告やチラシ系の業者に多く、ご自身でクーリングオフを申し出ても、 
のらりくらにとした対応を繰り返し、
速やかに返金に応じないケースが目立ちます

また、他事務所で断られ、当事務所へ依頼してくるケースが非常に多くあります。


↓従って、


手遅れになる前に専門家に依頼する事をお奨めします。  
少なくとも、通常は、消費者より業者のほうが、法律を良く知っています。

クーリングオフの行使方法は、口頭ではなく、「書面」によります。
*尚、消費者センター・消費生活センターでは、クーリングオフの書面は、「ハガキ」を出すように
アドヴァイスしますが、後日のトラブル防止のため、内容証明郵便で行うことが最適です


クーリングオフの仕方・方法・注意点・クーリングオフ妨害

内職商法・在宅ワークのクーリグオフ手続き代行はここから


悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る


Copyright (C) 2001 クーリングオフ代行手続専門法務事務所 All Rights Reserved
【無断転載・無断複写を禁じます。尚、リンクはフリーです。】




・メール相談はここから
・クーリングオフ注意点
・代行依頼の方法・流れ
・事務所のご案内
・クーリングオフ制度


























































































悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る