クーリングオフ代行
二次被害 二次勧誘 解約商法 2次勧誘 悪徳商法 2次被害

二次被害とは、悪質商法の被害者をターゲットに、
不実告知(ウソ)の事を告げて、又は脅かして、新たな契約を締結させるものです。

資格商法の二次被害、詳しくはここから
 電話勧誘で過去に資格取得講座(教材)を購入したことのある人をターゲットに、
 「通信教育を受けていますね?」「これは、終身教育(生涯教育)になっています。」
 「まだ、講座が残っている。修了していない。修了手続きをする。」「名簿に名前が残っている。」
 などと不実のことを告げて、 新たな契約をさせるものです。 
 *過去の契約とは、5年・10年前の契約はザラです。
 尚、二次被害ならぬ、三次被害、四次被害と、払えば払うほど、悪質な勧誘は更に増します。
 これらは、資格商法2次被害・資格詐欺・資格教材詐欺などとも呼ばれています。


会員権商法の二次被害、詳しくはここから
 旅行やショッピング飲食店などが格安で利用できるという、複合レジャーサービス会員の入会契約で、
 一度この被害にあった人が、「永久会員になっている。退会には手続きが必要。」などと呼び出され、
 再び新たな契約を させるものです。最初の契約から4~5年してからが多く、更に、退会しているにも
 関わらず、会費が未納などという電話がかかってくることもあります。
 これは、会員権の呼び方は、様々で「複合レジャー会員権」「旅行会員権」「クラブ会員権」「メンバーズ
 クラブ」
など、会員権商法などと呼び、その2次被害を、会員権商法2次被害・退会商法・解約商法・
 会員権退会手続き代行詐欺
などとも呼んでいます。

宝石商法の二次被害、詳しくはここから
 過去にアポイントメントセールス・デート商法(呼び出し販売)で、ジュエリーや宝石を契約
 させられた被害者を ターゲットに、
 数ヵ月後・数年後にさらに呼び出し、ジュエリーを契約させる二次被害のほか、
 「当初の契約の際、会員になっている、退会するには手続きが必要。」などと再度呼び出し、
 退会手続きを称して新たな契約をさせるものです。
 デート商法2次被害・宝石商法二時被害などとも呼んでいます。


絵画商法の二次被害、詳しくはここから
 過去に絵画を契約した顧客をターゲットに、展示会の案内と称して、
 「原画がみられる。この機会を逃したら・・」などと
 再度呼び出し、「二つ持って価値がある」「特別に値引きする。」「これが最後」などと称して、
 新たな契約をさせるものです。これが最後ではなく、その後、何度も呼び出します。


その他、以下のような次々販売・二次被害の相談も多数寄せられています。

・在宅ワークの二次被害(救済商法 お金が戻ってきます)
・訪問販売(布団)の次々販売
・悪質リフォームの次々販売
・悪質リースの次々販売・二次被害
・投資マンションの次々販売

クーリングオフの仕方・方法・注意点・クーリングオフ妨害

二次被害のクーリグオフ手続き代行はここから

悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る


Copyright (C) 2001 クーリングオフ代行手続専門法務事務所 All Rights Reserved
【無断転載・無断複写を禁じます。尚、リンクはフリーです。】


悪徳商法事例 クーリングオフ質問 クーリングオフ方法・仕方 クーリングオフ妨害・注意点 クーリングオフ書面・書き方 代行依頼の流れ 運営事務所 HOMEへ戻る